メンタリストDaiGo『トークいらずの営業術』が圧倒的!

あなたは、トークやお喋り得意ですか?

わたしは、苦手だなと感じることがたくさんあります。

そんな、トークが苦手だと感じるわたしが参考になるなと思ったDaiGoさんの本をご紹介します!

この記事では、トークができるようになる3つの技術を紹介します。

トークが苦手だと感じていると、いろんな場面で辛い思いをすることがありますよね!

トークが苦手という辛い思いを解決するのがトークができるようになる3つの技術です!

その3つの技術とは

  1. 視線が縦に移動していると関心があるのでチェックする
  2. 実行意図と目標意図を明確に
  3. 6つの行動リスト

この3つです!

トークが苦手だなと感じている方の参考になるとうれしいです!

トークいらずの3つの技術

わたしがこの本を読んで、ポイントをまとめるとこんな感じです。

 

ポイント

観察しよう!

相手の視線が縦に移動しているか。自分が目標を達成できるかトークをする前に、トークをしながら観察しよう!

 

わたしは、トークをする場合でも

トークの目標を意識してトークすることがポイントだと感じましたよ!

何気なくトークしようとしてもなかなかできないひとは、トークの目的を意識すると何を話して何を話さないのかわかりやすくなると思います。

そして、この本ではトークは技術でありその技術を身につけるとトークをするというハードルがグッと低くなると伝えています。

わたしが大切だなと感じたトークができるようになる3つの技術は、この3つです!

 

  1. 視線が縦に移動していると関心があるのでチェックする
  2. 実行意図と目標意図を明確に
  3. 6つの行動リスト

 

3つの技術をそれぞれ考えていきましょう!

視線が縦に移動していると関心があるのでチェック

トークをする時に、相手の顔を見ることはあっても視線を気にしてることって全然ないじゃないですか?でも、視線が縦に移動しているとその人はあなたの話しに関心があるというのです!

トーク中は、相手の視線が縦に動いているかチェックすると、面白いとおもっているのかそうじゃないのかわかるので、使えそうな技術ですね!

実行意図と目標意図を明確に

トークをするうえでも意図を明確にすることが大切です!

実行意図とは、トーク中にどのようなことを実行するかを意識する。

目標意図とは、このトークでどのような目標を達成するか意識する。

この2つを意識することで、どのようにトークをするのかが明確になります!

6つの行動リスト

最後に6つの行動リストです。

この、行動リストは具体的に

  1. 明日やらなければいけない仕事を6つ書く
  2. 順位付けする
  3. 一位から順に行う

この3つを実行します!

これは、行動力がアップする営業術として紹介されています!

トークが苦手だなと感じなくなって、どんどん行動力が出てきたときに、この行動リストを使うとグッと動きやすくなります!

その他にも、この本で大切だなと感じたキーワードをご紹介します。

  • 営業は「買いたい人」を見分けるだけ
  • 観察力・判断力・行動力・説得力・忍耐力
  • 視線が縦に移動していると関心あり
  • ブランド志向のひとは自分に自信がない「◯◯も勧めていた」と安心してもらう
  • 3つのOが大切
  • Oseji
  • Okurimono
  • Omotenashi
  • 買わない客には売らない
  • ノーディール
  • 譲歩の限度を決めてそれを超えたら取引を辞める
  • 実行意図・目標意図を明確にする
  • アフォーダンス→「行動を促す環境づくり」
  • 二分のハイパワーポーズ
  • 営業として最強なのは、考える前に行動デキる人
  • 6つのリストは前日に作成
  • 相手の話をとことん聞く
  • 見た目は「顧客に合わせたスタイルになっているか」

まとめ

いかがでしょうか?

トークが苦手だなと感じる方に向けてトークの3つの技術をご紹介しました!

トークの3つの技術とは

  1. 視線が縦に移動していると関心があるのでチェックする
  2. 実行意図と目標意図を明確に
  3. 6つの行動リスト

この3つです!

トークやお喋りが、苦手だと感じていると何かと辛いですよね。

今回、ご紹介した本にはトークができるようになる。トークをせずに目的を達成する方法が紹介されてますのでざひチェックしてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です