スキマ時間で「学ぶ」を「発信」するブログ

就職活動に行き詰まり自己啓発プログラムを100万円で買おうとしたお話し。

わたしは、就職活動に行き詰まり自己啓発プログラムを 100万円で買うかどうか悩むという経験があります。

結果、買わなかったんですけど。

でも、この経験で学んだことがあるんです。

それは、何かを選ぶときの基準を「わくわく」にすることです!

 

この話しは、借金してプログラムを買って人生どん底になりました!

みたいな展開ではありません。

逆にそんな経験をしてる人からすると、何も痛みを感じていないぬるい経験かもしれません。

でも、個人的にとても勉強になった経験なんです。

 

わたしと同じく100万円の自己啓発プログラム買いますか?どうします?という状況になった時に、こんな視点で選択してみてもいいかもよくらいのお話しです。

3つのポイントで進めていきます!

  1. 自己啓発プログラムの購入を勧められるまでの流れ
  2. この経験で学んだこと
  3. この経験から産まれたじぶんルール 

この3つのポイントでわたしの経験と、考えたことをご紹介します!

少しでも参考になれば嬉しいです!

自己啓発プログラムの購入を勧められるまでの流れ

それではまず、わたしがプログラムの購入を勧められるまでの流れを箇条書きで書きます。

  • YouTubeで倫理の授業を見つけて見るようになる
  • 配信者が考える人生哲学や成功哲学の動画を見るようになる
  • 配信者のメルマガを定期的に読むようになる
  • 配信者が自己啓発プログラムを行うので、希望者は申請書を送ってと伝えられる
  • 真剣に申請書の設問と向き合い提出する
  • 審査合格の通知が来る
  • プログラムの内容と金額を伝えられる
  • 考えた結果、プラグラムを買わず別の行動をしようと決める
  • 配信者のYouTubeを見なくなる・メルマガの購読をやめる・関心なくなる

こんな流れです!

その当時、エーリッヒ・フロムとかフロイトやユングやアドラーなど心理学や哲学を楽しく学習していた時期だったのでYouTubeで配信されている動画が楽しくヘビーユーザーになったのがすべてのきっかけです!

動画の内容は面白くて、伝え方もうまくて引き込まれたんです。

倫理の動画を見ているうちに、わたしの関心は配信者の人生哲学や成功哲学のを伝える動画に移行していきます。

YouTubeだけでなくFacebookやメルマガの登録をして配信者の情報を受け取るようになりました。

そして、配信者からのメルマガで自己啓発プログラムを知るのです。

そのプログラムに参加するには、配信者からの質問に答える申請書を提出しなければなりません。

ちょうどその時期は、就職活動に行き詰まりを感じていてこの状況を変えたいと強く思っていました!

そんな状況のわたしは、与えらた質問に真剣に向き合い真摯に取り組みました!

その結果、見事に合格です!

合格をし、伝えられるのです。

プログラムは「100万円です。」

わたしは、ここで急に熱が冷めました。

それまでは、絶対プログラムで成長するんだ。めっちゃわくわくするなって思ってました!

それが、金額を聞いた瞬間に冷めてしまいました。

なので、プログラムは購入していません。

この経験であることを学んで、それ以降は自然と配信者のYouTubeを見なくなりメルマガの読まなくなりました。

関心がすぅーっと無くなっていきました。

 

はい。

以上がわたしの経験したことです。

できごとを時系列にご紹介していきました!

つぎに、わたしがこの経験で学んだことをお話しします。

この経験で学んだこと

プログラムが100万円であること。

その金額を知った時、わたしはこう考えました。

「100万円使ってじぶんで好きな本とか、好きな映画見たほうがわくわくしない?」

配信者は、「わたしが数年かけて数千万円投資したノウハウを伝授します。」とこのようなことを言ってましたがそのノウハウを100万円で買うより100万円使ってじぶんで実験してノウハウを作ったほうがわくわくするじゃんって思ったんです。

これが、わたしにとって大きな学びになりました!

 

そのまま、プログラムを購入して行動することで何かが変わったかもしれません。

わたしが経験がないだけで100万円のプログラムを購入するのは特別なことじゃないかも知れません。

だけど、この経験から「わくわく」を基準として選ぶってアリだなって学びました!

そして、100万円のプログラムを買わない代わりにじぶんのルールをひとつ決めました。

 

つぎは、そのルールについて。

この経験から産まれたじぶんルール

わたしは、結局100万円のプログラムを買いませんでした。

100万円をそのプログラムに使わずに、別のことに使ったほうがわくわくすると感じたからです。

そして、じぶんルールが産まれました。

その、ルールとは「本は毎月1万円まで買っていい!」です。

それまで、本を買うお金がもったいないとケチって本を買わないことが多かったんですがこのルールが産まれたおかげで本を買うハードルがグッと下がりました!

 

まだ、100万円分の本を買ってないのでルールは継続中です。

現在は、月額980円で読書ができるAmazonのサービスであるKindleUnlimitedに登録しているので、その差額の9,000円を本に使っていいというルールです!

 

読みたい本を読むって、わたしにとってはとても楽しいことなので楽しく続いています。

わたしのように読書好きな方は、AmazonのKindleUnlimitedがオススメです!

30日間の無料体験があるので試してみるだけでもおすすめです。

クリックで移動>>>KindleUnlimited無料体験

 

 

本をたくさん読むのって楽しいですけど、ただ読むだけじゃなくて実践し使いこなせる読書にどんどんレベルアップしたいと日々思っています!

エッセンシャル思考にときめいても実践はまだまだです!

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、自己啓発プログラムを 100万円で買うかどうか悩むというわたしの経験をご紹介しました!

この経験から、何かを決める基準は「わくわく」にしてじぶんで遠回りでも実験してノウハウを作っていくほうが楽しいに違いない!と学びました。

最後まで読んで頂いた方の参考に少しでもなってくれると嬉しいです!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です