>>> 夫婦の【 子育てブログ 】はこちらです <<<

文章をうまくはやく書くコツは『3つの型』に当てはめるだけ!

 

うまくはやく文章を書きたいなら3つの『型』を使いこなせ!

ブログを読むのも書くのも大好きなターナー(@anatakan2017)です。

どうも、こんにちは。

 

今回は、文章をうまくはやく書くコツを仕入れたのでご紹介です!

実は、文章をうまくはやく書くコツを教えてくれる本を紹介されて読んだんです。

それがこの本。

この本が教えてくれること。

それは、うまくはやく文章を書くには3つの『型』を使いこなせ!

です。

 

今回は、本で紹介されている内容をわたしの解釈でご紹介していきます!

おおまなかことしか書けないので詳しい内容は、本を買ってくださいね。

とてもおすすめなので!

 

では、一緒に文章を書くコツについて学んでいきましょう!

 

うまい文章とは何か?

 

そもそもなぜ、わたし達はうまくはやく文章を書きたいのでしょうか?

それに、「うまい文章」とは何でしょうか?

 

このうまく文章とは何かを明確にしておくと、「うまい文章」に近づくと感じました!

なので、最初にきちんと認識しておきましょう!

 

ズバリ、「うまい文章」って「読んだひとを動かす文章」「行動させる文章」です!

ご紹介している本では、読んだひとに「貢献する文章」と説明しています。

 

わたし達が文章を書くのは、大なり小なり読んだひとに何か「行動」してもらうためじゃないですか?

 

文章を読んで、行動してみたいと思ってもらえる。

そんな文章を書きたいから、わたし達はうまくはやく文章を書きたいんだと思うんですよね!

 

だから、「うまい文章」って「読んだひとを動かす文章」「行動させる文章」であり読者に「貢献する文章」です!

 

どうでしょうか?あってますか?

 

そんな気持ちに共感してくれるあなたにお伝えしたい!

うまくはやく文章を書くには3つの『型』を使いこなせ!

です。

 

それでは、本題の「読んだひとを動かす文章」をはやく書くコツ!

3つの『型』についてご紹介します!

文章を上手く早く書きたいなら3つの型を使いこなせ!

 

今回、ご紹介する本から学んだこと。

うまくはやく文章を書くコツは3つの『型』を使いこなすこと!

です。

 

その、文章を上手く早く書くには3つの型とは何でしょうか?

それが、この3つです!

  1. 情報を整理する型がある。
  2. 目的別に文章の型がある。
  3. 文章を磨くには型がある。

それぞれひとつずつご紹介していきますね!

 

情報を整理する型がある。

 

情報を整理するにもさらに3つの型があります!

  1. 「あっち情報」で情報を集める。
  2. 「こっち情報」で情報を集める。
  3. 「見取り図」ワークで整理する。

 

この3つの型をとても簡単にご紹介します!

 

①「あっち情報」で情報を集める。

 

あっち情報とは、 自分以外のところにある情報(周辺情報)のことです。

あっち情報を集めることで、事実に基づいた文章を書くことができます!

例えば、あっち情報を集める方法は「本を読む」「テレビを見る」「ネットで検索する」などです。

 

 

②「こっち情報」で情報を集める。

 

こっち情報とは、自分のなかにある情報です(自分情報)のことです。

こっち情報を集めることで、その文章があなたオリジナルの文章にできます!

例えば、こっち情報を集める方法は「自分の体験を書き出す」などです。

 

 

③「見取り図」ワークで整理する。

 

見取り図ワークとは、本で紹介されている情報を整理する方法です。

  • 読者ターゲットを明確にする
  • 読者ターゲットのニーズを把握する
  • 文章の目的を明確にする

などの項目にそって情報を整理することで、読んだひとに伝わる文章にする方法です!

本では、図解でわかりやすく説明してくれていて勉強になります。

 

 

「情報を整理する型がある」まとめ

 

情報を整理する型についてまとめます。

「あっち情報」と「こっち情報」で集めた情報を、「見取り図」ワークを使って読んだひとに伝わる文章になる!

うまくはやく文章を書くには、書く前に情報をきちんと集めて整理しろってことですね!

 

つぎは、目的別に文章の型があるというお話しです。

 

目的別に文章の型がある。

 

文章にはそれぞれ型があり、目的別にその型を選ぶといいようですね!

目的別に文章の方を選ぶコツは3つです。

  1. 目的別のフォーマットを理解する。
  2. 目的別にフォーマットを選択する。
  3. 情報をフォーマットに当てはめる。

この3つですね!

この3つのコツについてそれぞれご紹介します。

 

①目的別のフォーマットを理解する。

 

文章の目的によって、文章のフォーマット(構成)を変える必要があると理解することが大切です。

つまり、文章のフォーマットを決めるには必然的に文章の目的を決める必要があります。

文章の目的を明確にする意識を持つうえでも、さまざまな文章のフォーマットを知っておくのは大切だと感じました!

 

 

②目的別にフォーマットを選択する。

 

文章の目的を明確にして、いろいろなフォーマットについて理解したらバッチリな文章のフォーマットを選択しましょう!

本の中では、目的別に5つのフォーマットを紹介してくれていますよ!

その5つのフォーマットから選びましょう。

 

 

③情報をフォーマットに当てはめる。

 

あなたが書く文章の目的にあったフォーマットを決めたら、そのフォーマットに「整理した情報」を当てはめましょう!

これで、あなたの目的にあった文章がほぼ完成です!

 

 

「目的別に文章の型がある」まとめ

 

目的別に文章の型があることについてまとめます。

文章は、書く目的によって最適なフォーマットを選びましょう!

だから、書く目的を明確にするってとても大切。

最適なフォーマットに、「整理した情報」を当てはめる。

すると、うまくはやく文章が書けますよ!

 

最後に、書いた文章を「磨く」作業についてです。

 

文章を磨くには型がある。

 

「情報を整理」して「目的にあったフォーマット」で文章を書いたら、最後に文章を「磨く」作業です!

この文章を「磨く」作業にも3つのコツがあります!

  1. 文章を磨く「冷静」
  2. 文章を磨く「シンプル」
  3. 文章を磨く「貢献」

この3つのコツについてそれぞれご紹介します!

 

 

①文章を磨く「冷静」

 

深夜に彼女へのメール。感情のままに想いを伝える。

朝になって後悔。

あぁ~めっちゃ恥ずかしい!冷静になって読み返すと恥ずかしすぎるよ~

こんな経験ありますよね!

ついつい、感情にまかせて文章を書いてしまうこともあります。

感情のままに書く文章も目的にあっていたらいいのですが、目的を達成する文章を書くには時間を置いて冷静になった時に「読み返す」のがポイントです。

あなたの「冷静」さで、文章の伝わり方が磨かれます!

 

 

②文章を磨く「シンプル」

 

文章を書いていて、あれこれと多くのことを伝えたくなる。

多くのことをひとつの記事で書きすぎると、読むひとは混乱します。

あなたの文章を、伝わる文章にするために「シンプル」さに注意しましょう。

 

 

③文章を磨く「貢献」

 

文章を磨く最後のポイントは、「貢献」を意識することです。

「貢献」とは、読むひとにあなたの文章が「貢献」しているかです。

あなたの文章を読んで、役立ったり元気になったり行動してみようと思えたり。

あなたの文章が、読んだひとに「貢献」する文章か読み直してみましょう。

貢献って難しい言い方ですから、「読んだひとが喜ぶ」記事になるようにあなたの文章を磨いてみましょう!

 

 

「文章を磨くには型がある」まとめ

 

文章を磨く型についてまとめます。

目的にあったフォーマットで書いた文章を最後に磨きましょう!

文章の磨き方は、「冷静」な状態で「シンプル」な文章で読む人に「貢献」する文章になるように磨いてみましょう!

これで、あなたのピカピカな「目的を達成する」文章のできあがりです!

おめでとうございます!

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

今回は、文章をうまくはやく書く型についてご紹介しました!

ポイントの3つの『型』を使いこなしていきましょう。

  1. 情報を整理する型がある。
  2. 目的別に文章の型がある。
  3. 文章を磨くには型がある。

この3つの型を使いこなして、うまくはやく文章を書いて下さい!

詳しい内容は、今回ご紹介した本を参考にしながら書いてみてください。

とてもおすすめです!

 

わたしも一緒に、わたしのブログを読んでくれたあなたの役に立つ文章が書けるように練習していきますよ!

 

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です